不動産囲い込みの問題

不動産の売却において問題になっていることの一つに、物件の囲い込みの問題があります。
これは業者が自分たちの利益を最大化するために、他の業者の介在を許さない態度です。
他の業者から物件について問い合わせがあった場合、先客がいるなどと断ってしまうのが典型的なケースです。
これは自分のところで買い手が見つかるまで、物件を塩漬けすることになります。
これによって不利益を受けるのが売り主です。
売り主にとってみれば、信頼して任せている業者がまさかそんなことをしているとは思わないでしょう。
心配ならば、他の業者を通じて、自分の物件について問い合わせてみたら良いと思います。

ちなみにマンションについてはこちらが詳しいです。
http://xn--1-lfuqfnb6cc5492dmgj.net/